ヒゲ脱毛は痛い!?

ヒゲ脱毛は痛い!?

脱毛クリニックでの医療レーザー脱毛や、ニードル脱毛は痛みが半端ない!と聞きます。
痛みが強いが、その分効果も感じやすいそうですが、痛い思いをしたくない!

 

そんな人には、脱毛サロンの脱毛は肌に優しく痛みが少ないそうです。

脱毛サロンでの脱毛

メンズ脱毛サロンで主流に使われているのがIPL(インテンスパルスライト)方式とSSC(スムース・スキン・コントロール)方式があり、光脱毛やフラッシュ脱毛と呼ばれます。

 

男性の光脱毛の主流はIPL方式です☆

 

光脱毛は、長い波長の光を肌に照射して、毛根や毛母細胞・毛乳頭にダメージを与えて毛の再生を抑える法帆です。

光脱毛のメリット・デメリット

光脱毛は、医療機関のレーザー脱毛やニードル脱毛と比べ、痛みが圧倒的に少ないことがメリットと言えます。

 

また、医療レーザーよりも、料金が安価で始めやすい・続けやすいのもメリットと言えます。

 

その反面、定期的(毛周期に合わせて)に一定期間通い続けないというデメリットもあります。
しかし、徐々にヒゲが細くなり伸びるスピードが遅くなり、薄くなっていくことを回数を重ねるごとに実感できていくようです!

痛みの程度はどのくらい??

痛みが少ないとはいえ、太くて濃いヒゲの場合は多少の痛みを生じます。

 

光脱毛の痛みの表現でよく使われるのが「輪ゴムを軽く弾いたような痛み」ですが、痛みの感じ方は個人差があるので、中には「思いっきりゴムを弾かれたような痛み」とか「花火を押し付けられているような感じ」などと表現する人もいます。

部位によって痛みの感じ方も違う

ひげ脱毛でも、脱毛する部位によって痛みの感じ方も違うようです。

 

最も痛い!と言われるのが鼻下です。狭い範囲に密集して生えていることと、皮膚が薄く神経に近いことも痛みを感じやすい要因です。

 

 

次に痛みが強いと感じるのがあごです。
あごもヒゲが密集して生えています。そして鼻下よりも範囲が広いので、痛みを感じる時間が長いことが、痛みを強く感じるのかもしれません。

 

 

頬からもみあげは、範囲は広いですが、ヒゲも広範囲に分散して生えているので、痛みはそれほど強く感じない人が多いようです。

痛くて我慢出来ない時は・・・

スタッフさんに「痛い」と伝えれば、休憩を入れたり出力を調整してきれたり、冷やすなどの対応をしてくれるので、我慢しないで痛い!と訴えましょう。

 

回数を重ねるごとに、ヒゲも細く・薄くなっていくので痛みも少なくなっていきます。